歯がボロボロの状態だと口臭にも影響する

無痛治療って何?

最近多くの病院で行われている無痛治療ですが、この無痛治療というのは患者に対して痛みを感じさせないように工夫する治療になっています。インプラントの治療でも無痛治療は行われていますよ。

新着情報

インプラント治療の流れを解説

治療が行える状態か検査

インプラントの治療では金属を埋め込むため、アゴの骨の状態を検査する必要があります。そのためレントゲンやCTなどを取り、細かくチェックしていきます。問題がなければ後日一次手術に移ります。

一次手術の実施

インプラント治療は2回に分けて行うことが一般的です。この一次手術ではアゴの骨に土台である金属を埋め込みます。また術中は麻酔の影響で痛みはありません。術後に痛みを伴う可能性もあるので鎮痛剤を用意することがほとんどです。

安定するまで検診

一次手術で土台を埋め込んだ後は、土台が安定しているかを確認したり骨に異常が見られないかを検診していきます。通常だと3ヶ月から6ヶ月ほどで安定するとされています。

二次手術の実施

埋め込んだ土台がしっかりと安定していることが確認取れれば二次手術が行われます。この二次手術では埋め込んだ土台の一部を出し、連結部分であるアバットメントを装着する手術を行います。

仕上げ作業を行い完了

二次手術で歯肉の傷が治れば人口歯を取り付けます。この人口歯の取り付けが完了すればインプラント治療が完了となりますが、定期的に検診で様子を見る必要があるのできちんと通うようにしましょう。

インプラントの治療は保険が利かないが受ける価値あり

インプラントの治療は保険適用外になります。そのため手術費が高額になってしまう可能性もあるのですが、病院によっては医療ローンを組んでいることもあるので金額的な問題があればまず相談してみましょう。また、高額でも行う価値は十分にある治療です。体験談を見ておくとその価値が分かるでしょう。

インプラントを実際に行なった方々の体験談

入れ歯だと硬いものが噛めなかったけど

入れ歯では食べれなかった食べ物もインプラントを行なってからは食べれるようになりました。顎の力が伝わりやすいのが実感できて、治療して良かったと本当に思っています。

人口歯が目立たないか心配でしたが

被せる人口歯が目立ってしまわないか心配でしたが、自然な仕上がりで他の歯と比べても違和感ないです。たまに自分の歯だと勘違いしてしまうくらい自然ですね。

お金は掛かったけどやってよかった

インプラントの治療はお金が掛かったけどやってよかったって思える。金銭的に問題なければ他の人にも勧めたい治療だと思う。入れ歯よりも見た目がいいからオススメ。

大きな手術って聞いていたけど

アゴの骨を削って金属を埋め込むって聞いた時、かなりビックリしましたが治療中は全く痛くなかったです。え?もう終わり?って感じで家で飲める痛み止めももらったので痛くなかったです。

金属アレルギーの自分でも大丈夫でした

金属アレルギーで結構いろんな物に反応していたのですが、インプラントで使う金属は反応しなかったです。聞けばその金属はアレルギーが出にくい素材だとか?もし金属アレルギーでインプラントに迷っていたら相談してみるといいですよ。

インプラント治療の基礎知識

インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療は人口の歯根を埋め込む治療になります。この治療はアゴの骨を削る大きな手術になりますが、きちんと麻酔を掛けて行なうので手術中に痛みを感じることはほとんどないでしょう。

なぜインプラントなのか

インプラントはアゴの骨に金属製のネジを埋め込む治療と先ほど記述しましたが、あごの骨にしっかりと固定することで噛む力を衰えさせること無く治療が行える唯一の治療なのです。

口臭予防にもなる

インプラントの治療は口臭予防にも繋がります。歯がボロボロの状態だと口の中に虫歯菌が繁殖してしまい、口が臭いと言われてしまうのです。口臭もエチケットになるのできちんと対策しましょう。

アレルギー性の少ない金属

インプラントで埋め込む金属のネジはアレルギー性の少ない金属が使用されています。そのため金属アレルギーを患っている方でもインプラント治療を行なうことが可能です。

信頼できる歯科医を探す

インプラントの治療は歯医者で行なう治療の中でも大きな治療と言えます。そのため自分が信頼できる歯科医がいる場所でインプラント治療を行なうようにしましょう。口コミや評判を確認するのもいいですよ。